秋田エコプラッシュ株式会社
TOP > 事業内容 > 用語説明

用語説明

エコプラッシュとは?

エコプラッシュ(ecoplash)という名前は、以下の3つの単語からできた造語です。

エコロジー(ecology)
環境や自然との共生をはかる社会運動や環境に配慮する行為などを象徴する意味の言葉です。
プラスチック(plastic)
弊社では、容器包装プラスチックや産業廃棄物の廃プラスチックなどを使用しています。
石炭灰(fly ash)
石炭を燃やした後に発生する細粒状の物質。弊社では、このうちJISUに相当するものを使用しています。
特徴
コンクリート二次製品やプラスチック製品の代替製品の原料として利用が可能。
コンクリート二次製品の1/5の製品重量でプラスチックのような加工性を持つ
エコプラッシュとは?

秋田県北部エコタウン計画とは?

秋田県北部9市町村(米代川流域)を対象地域とし、
  1. 廃棄物の発生抑制・減量化と再資源化
  2. 鉱業関連基盤を活用した新しい産業の創出
  3. 地域産業の連携による新しい資源循環型産業の創出
  4. 新エネルギー産業の導入
を通じて、豊かな自然と共生する環境調和型社会の形成を目的として計画・実施されています。

エコタウン事業とは?

エコタウン事業は、「ゼロエミッション構想」(ある産業から出るすべての廃棄物を新たに他の分野の原料として活用し、あらゆる廃棄物をゼロにすることを目指す構想)を地域の環境調和型経済社会形成のための基本構想として位置づけ、併せて、地域振興の基軸として推進することにより、先進的な環境調和型のまちづくりを推進することを目的として、平成9年度に創設された制度です。平成18年1月までに26地域が指定されています。秋田県では、秋田県北部エコタウン計画(北部地域9市町村)が平成11年11月に承認され、当社は平成16年10月にエコタウン事業として認定されました。

容器包装プラスチックとは?

容器包装プラスチックとは、家庭から出る容器包装廃棄物の減量、リサイクルの促進を目的に施行された、容器包装リサイクル法(容器包装に係る分別収集および再商品化の促進等に関する法律)に基づき回収されたプラスチック製の容器包装です。