秋田エコプラッシュ株式会社
TOP > 事業内容

事業内容

事業の全体計画

秋田県北部エコタウン計画の一つ(石炭灰・廃プラスチック活用二次製品製造事業)として2004年2月にエコタウン事業に承認され誕生しました。東北電力の能代火力発電所から発生する石炭灰と、家庭から発生する容器包装プラスチック・産業廃棄物の廃プラスチック(PEやPPなど)を混練し、新素材「エコプラッシュ」ペレットを製造します。製造されたエコプラッシュペレットは成形機にて、コンクリート二次製品やプラスチック製品の代替製品に成形しております。

お問合せ

廃プラスチック類の処理を承ります。処理料金につきましては種類、量により計算いたします。
当社営業部(tel:0185-58-5600)までご相談ください。
無料にてお見積いたします。

購入対象プラスチック例

分別された下記プラスチックを購入します。お気軽にお問合せください(量、地域により購入できない場合があります)。
PPバンドPP(育苗箱)
PP(ポリプロピレン)
PE(ブルーシート)PE(緩衝材)
PE(ポリエチレン)
EPS(発泡スチロール)
EPS(発泡スチロール)
その他のプラスチックも購入いたします。
お気軽にお問合せください。